エステ人気チャンネルblog エステサロン徹底取材・動画CMなど盛りだくさん!

Sponsored Links



奇跡の美肌情報

 奇跡の美肌情報って?

アメリカ美肌最前線のお話…。

株投資ではなかなか満足のいく財産を未だ形成できない私ですが(涙)、友達財産には、とても恵まれ、いつも楽しいお役立ち情報を提供してくれる多くの友達がいます。

その仲良しのお友達、アメリカに住むY子ちゃんの情報…。

ズバリ、「奇跡の美肌」です。

Y子ちゃんは、アメリカ在住ですので、日本ではまだまだ認可されていないような、美容法を教えてくれました。                     

「奇跡の美肌」とは…

「レチンAクリーム」という魔法のようなしわ取りクリームと、ハイドロキノンクリーム(美白)を併用して、しわを予防しシミを薄くする美容法です。

日本では、東大病院の美容外科でのみ行われている美容法のようです。

「レチンAクリーム」は、角質を剥離する作用と表皮の細胞を増やす働きによって、メラニン色素を皮膚表面に押し出していきます。

また、コラーゲンを作る線維芽細胞の働きも活発にしてコラーゲンの産生を促し、シワも改善します。皮脂の分泌を抑える効果もあるのでニキビにも効果的です。

☆☆☆

<使用方法>

1.ビタミンCエッセンス(20%)をつける
2.化粧水をつける
3.レチンAクリームを薄く、顔全体に塗る
4.シミがある部分にだけ、ハイドロキノンクリームをワンポイントで塗る

※ハイドロキノンクリームは、塗るとピリピリしますので、決して顔全体に塗らず、シミがあるところにワンポイントで塗ること

☆「レチンAクリーム」には、0.025%、0.05%、0.1%等がありますので、最初は、0.025%から始めてみるのが良いでしょう。

☆ただし、「レチンAクリーム」は、日本ではまだ市販されていませんので、個人輸入のネット販売やオークションを利用するしかないのですが…。

そこは、自己責任で…。

1週間に1回〜2回程度の使用から、始めてみることをお薦めします。

ただ〜し、

使用方法は、注意が必要です。
肌が敏感に、乾燥しやすくなりますし、皮膚が薄い状態になりますので、乾燥をしないようにケアし、また、日中は、必ず日焼け止めを使用して、日焼けしないようにしないと逆効果になってしまいます。

くれぐれも、使用方法については、各自、自己責任の上、よく調べてから初めましょうね。

☆☆☆

私もさっそくネットで、レチンAとハイドロキノンを購入し、週に2回の使用から始めてみました。

最初何回かは、皮膚がボロボロと剥けてきて驚きましたが、数回繰り返すうちに、何だか、肌がピンと張ったようなとてもいい感じになってきました。

うん、うん、なかなかいい感じだー!

ちなみに、ボロボロと皮膚が剥けてきたら、使用は一時中断しましょう!

注:このクリームは本当に使い方を間違えると逆効果になります。
   その為に、日本では販売を許可されていないのですから。

ちなみに、このお役立ち情報をくれたY子ちゃんは、陶器のような白い美しい肌をしていますよ。

レチンAクリーム
 
レチノイン酸の皮膚に対する作用
代謝を良くして死んだ角質層をはがれやすくする。
表皮の細胞をどんどん分裂させて皮膚の再生を促す。
皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える。
真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り、小ジワの改善をもたらす。
表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。
レチンAクリームの効能
主成分レチノイン酸Retinoic AcidはビタミンAの誘導体で、もとは主にニキビの治療薬として使われていました。 今では肌老化の改善を目的として、皮膚科や美容外科医の間で多く使用されている医薬品の一つです。
レチノイン酸は、細胞を活性化させる働きが大変強く、弱っていた細胞や老化して衰えた細胞を元の元気で健康な細胞へと生まれ変わらせます。
特に太陽光線でダメージを受けた表層の小じわには効果があり、またニキビやしみにも効果があます。
1〜2ヶ月後にはシミが消えはじめ、肌に弾力がつき、美しい皮膚に生まれ変わっていくのを実感できます。 (皮膚のターンオーバーの周期は28日なので、最低1ケ月は使い続けないと効果はみられない。) その後も数週間使い続けていくと新しい細胞がどんどん増え、弾力を失った古い角質層が原因でできたシワも、徐々に目立たなくなってきます。 やはり医師の処方で入手できるハイドロキノンという漂白薬と併用するとシミ取りに美白効果も期待できます。

「0.025%」と「0.05%」の違いは?
薬としての効き目の強さが違います。
一般的には熟年層・脂性肌の方の治療にはレチノイン酸0.05%を、敏感肌の方にはレチノイン酸0.025%が適していると言われています。

使用中の肌の症状(副作用)について
使用数日後から反応性の皮膚炎が起こります。
症状は主に乾燥、かゆみ、赤くなる、 あかがぼろぼろ落ちる感じで皮がむけます。これは古い角質層がはがれおちて皮膚が新しく生まれ変わる過程で、このような 反応はレチノイン酸の使用に際しての正常なステップです。
アレルギー反応(すな わち、薬かぶれ)として起こっているわけではありません。 適度な範囲であれば心配はなく、薬が効いて いることのひとつの目安となります。
※顔の部分によって反応に差があります。
 効きやすい個所 ・・・口のまわり(少々ついただけでも反応が起こる)
 効きにくい個所・・・ Tゾーン(高濃度を必要とすることもある)

<< 緊急日焼け後対策!! | main | 日本デンタルショー2008 取材にいきました! >>